Tutto è possibile

Mese: Gennaio 2019

Blackmagic Design Pocket4K: cosa serve per partire

E’ passato qualche mese da quando l’azienda australiana BlackMagic ha iniziato a spedire questa nuova e incredibile camera, per scontentare tutto il suo pubblico e tanti nuovi utenti, forse…

Conoscendo bene queste camere e cosa sono, salto a piè pari le imbarazzanti voci che girano sul web e facciano due discorsi su cosa è e  cosa serve per utilizzare questa CINEPRESA DIGITALE.

Premettiamo che a dispetto dell’apparenza simil reflex, mirrorless non hanno altro in comune se non il tipo di batterie tampone e il mount delle lenti, per il resto è una cinepresa digitale a prezzo di una macchina fotografica, per il resto tutto ciò che fa questa camera è assimilabile solo a concetti di ripresa in movimento. Quindi come tale deve essere pensata, trattata, gestita.

Chi non comprende il concetto CINEPRESA, ma soprattutto non vuole sbattimenti stia per Dio lontanto da tale oggetto del Demonio, che come dice il nome, è il prodotto di vera e propria Magia Nera…

Ora che ci siamo fatti due risate, e che già con un precedente post ironico ho scritto cosa offre ad un prezzo ridicolo questa macchina, cerchiamo di capire cosa ci serve per iniziare a fare una ripresa con questa Cinepresa, come già feci con la Ursa Mini Pro.

Partiamo con gli elementi indispensabili con una camera: storage, alimentazione e lenti.

Storage

La camera utilizza sia le Cfast2 che le SD UHS-II per registrare i filmati, naturalmente a seconda del supporto ci sono limiti di velocità di scrittura sulle due schede, le schede SD non possono registrare la massima qualità in raw, però si tratta anche di capire se e quando è necessario lavorare a quel livello, dopotutto su SD da 95mb è possibile anche registrare fino ad un UltraHD  a 30 fotogrammi al secondo in prores 422, il che significa una qualità eccezionale per la maggior parte delle produzioni video.

Soluzione A :

si acquistano delle schede SD per la registrazione continua e alternata in formato UHD prores.
Vantaggio : Soluzione economica, efficace e ci permette di lavorare con molte schede rapidamente, sia per la scrittura che per lo scarico.
Le semplici 95 mbts permettono registrazioni fino a 4k in prores 4:2:2, un’ottima qualità per la maggior parte delle applicazioni.
Svantaggio : hanno limiti di velocità di scrittura, quindi se servisse non si può spingere al massimo la camera.

Soluzione B :

si acquistano delle schede CFast2 certificate  così che si possano registrate tutti i formati possibili, compresi quelli Raw alla massima risoluzione 4k al massimo numero di frame.

Vantaggio : totally freedom
Svantaggio: costo delle Cfast2 certificate e … beh scarsa vita delle stesse, nella mia vita più volte ho dovuto sostituire cfast di marca.

Soluzione C :

SSD esterno su Usb-C, che viene alimentato e gestito direttamente dalla camera come dispositivo che viene visto in sostituzione della SD.
Blackmagic suggerisce spesso il T5 della samsung che è molto piccolo e compatto, da quello che si legge nei forum è preferibile la versione da 1TB a quella da 500gb per questioni di performance e compatibilità.
Ringraziando i vari produttori di controller per ssd, talvolta la macchina si accende ma non fa il mount del device perchè il controller è lento, la semplice soluzione è la connessione a caldo del disco, ovvero con la macchina accesa, questo forza il mount del dispositivo.
Dopo il firmware 6.1 il problema è stato risolto, il mount viene fatto correttamente.
Dentro un box Startech con uap [fondamentale questo fattore] è possibile mettere anche i classici Samsung Evo 860 da 500gb e 1000 tb, che supportano più che bene il veloce data rate della camera, permettendo diversi minuti di registrazione persino in Raw non compresso a 50fps massimo (oltre non regge il flusso dati, ma ricordo che oggi si gira in 3:1 e 4:1 in raw senza problema fino a 60fps).

RICORDIAMO MOLTO BENE che il mount può essere fatto a macchina accesa, ma NON SI SCOLLEGA MAI un device di storage a camera accesa pena perdita dei dati e/o danneggiamento della struttura del disco con relativa perdita dei dati contenuti. Questo vale per ogni device, da ssd a cf a sd.

ATTENZIONE usando i dischi ssd richiedono una discreta quantità di corrente e se il flusso di alimentazione scende, il rischio più banale è quello della perdita di prestazioni perché vanno in quello che in informatica viene chiamato Throttling, ovvero per risparmiare corrente riducono le prestazioni, quindi in caso di risorse ridotte (batteria tampone delle camere) quando si supera la metà della capacità della batteria con alcuni dischi si può notare una perdita di prestazioni, che non è colpa della camera, o della batteria ma da come è pensato il firmware del disco ssd.

Alimentazione

La blackmagic pocket4k è una cinepresa che registra in raw e prores, quindi è molto vorace di corrente, viene fornita con una batteria tampone da 2000 mAh, di tipo Canon Ep-L6, con la quale si potrà registrare all’incirca per 30-40 minuti.  Questo tipo di batterie sono molto comuni, sono usate con molte fotocamere canon, led panel, monitor etc, e esistono sia in versione originale che in versione “compatibile”, ma devono essere considerate delle batterie tampone, non per l’utilizzo diretto, se non su gimbal o situazioni “leggere”.

La camera viene fornita con un alimentatore da 30W, ha un consumo medio di 22w (secondo le indicazioni ufficiali), e l’ingresso di corrente esterno accetta un voltaggio tra 12 e i 20V.

Soluzione A :
Acquistare uno o più set di batterie EP-L6 da 2000mAh a seconda del tipo di riprese che si fanno. La stessa Blackmagic offre ad un prezzo contenuto le batterie di questo tipo.

 

Batteria interna Pro

  • no cavi volanti esterni
  • no cavi che sbilanciano gimbal
  • meno ingombro su gimbal o in uso manuale
  • batterie ultra standard per uso
  • si ricaricano in macchina collegandola alla corrente

Batteria Interna Contro

  • durata ridotta contro costo alto per Watt usato
  • necessità di smontaggio più o meno impegnativo per il cambio
  • peso di più batterie da trasportare
  • maggior tempo per la carica di più batterie contemporaneamente
  • no riprese lunghe

Il mio suggerimento è che se volete acquistare delle batterie sarebbe sempre meglio prendere delle “originali” quindi o le stesse blackmagic o le canon, che sono più costose di molti cloni cinesi, ma sono lineari nel tempo, e la loro capacità di preservare la carica e durare negli anni è superiore ai vari cloni.

Da buon genovese, se pago una batteria 20 euro invece che 70, ma la prima dopo 30 usi è inutilizzabile, mentre la seconda dopo anni e centinaia di ricariche è ancora in buone condizioni, chi ha fatto il miglior affare?

Soluzione B :

usare una batteria esterna di vario tipo, e collegarla alla camera, e qui nasce il problema… Stranamente Blackmagic Design ha scelto un connettore diverso dalle altre camere e “meno standard”, ovvero il connettore weipu SF610 s2, un connettore attualmente (marzo 2019) reperibile solo da pochi produttori cinesi.
Il connettore è identificato con il codice SF610, la sigla dopo (p/s) è relativa a P = male e S= female, mentre il numero (2) è il numero di pin di contatto.
La parte di alimentazione è la femmina, quindi se vogliamo costruirci o cercare un cablaggio dobbiamo ricordare che la camera ha il maschio e la corrente arriva dalla femmina.

Esistono cavi già fatti da Weipu a Dtap, realizzati da noti produttori di accessori, come Woodencamera.

 

Esistono varie combinazioni, tra cui un cablaggio realizzato da Blackmagic Design stessa, per l’utilizzo di diversi connettori, lo trovate in fondo alla pagina di descrizione della Pocket4k.

Esistono adattatori da Weipu a jack classico di alimentazione in modo da riutilizzare situazioni già esistenti da batterie esterne a plate etc, così che l’utilizzo parallelo dei prodotti può giovare degli investimenti già fatti.

 

Soluzione C :
Utilizzare un plate per le classiche NP-F970 6600mAh ovvero 47.5 Wh. Queste batterie nate per erogare 7.2v possono essere accoppiate ad un plate che le converta in erogazione a 12v, con una sola batteria potrete registrare per quasi 2 ore (1h e 43 minuti in media). Essendo questo tipo di batterie semi universali, usate in telecamere, faretti, pannelli led, e con uno o più plate di questo tipo è possibile usare un solo tipo di batteria per alimentare più elementi e quindi essere più flessibili nel proprio investimento.

Soluzione D :
Classica Vmount/Gmount + un distributore di corrente tipo il plate della Lanparte che ci offre non solo la possibilità di montare batterie sia VMount che Gmount, ma soprattutto aggiunge una distribuzione di corrente a differenti uscite a 5, 7 e 12v, usb, per poter alimentare diversi accessori con una sola batteria, la classica batteria da 95w vi offrirà dalle 3 alle 4 ore di autonomia di registrazione.

Soluzione E (parziale) :
Entrare nella porta Usb-C con un qualunque powerbank solo per ricaricare le batterie interne. Da quello che viene descritto, tale procedura può solo caricare al batteria interna ma non raggiunge un voltaggio sufficiente per alimentare e gestire la camera direttamente.

Soluzione F :
Blackmagic stessa ha progettato e distribuirà ad Agosto 2019 un battery grip come quello delle macchine fotografiche che potrà offrire ben 2 ore di autonomia con batterie fnp sony, molto diffuse per alimentare monitor e luci per i filmaker.

Battery grip Pro

  • no cavi volanti esterni
  • batterie ultra standard per uso
  • si aggiunge e toglie facilmente
  • aggiunge superficie per tenere correttamente la camera nel run & gun

Battery grip Contro

  • un altro tipo di batteria da aggiungere alla collezione
  • un altro caricabatterie da aggiungere alla collezione
  • aumenta il peso della camera
  • aumenta la dimensione della camera e la sbilancia in caso di uso con Gimbal

Vi ricordo che le batterie oltre i 95w non sono accettate dalla maggior parte delle compagnie aeree, quindi nella scelta delle batterie verificate sempre se e cosa state acquistando in funzione di eventuali trasbordi aerei, tenete inoltre conto che le batterie vmount e gmount essendo standard mondiali è semplice affittarle quando vi serviranno in loco, a prezzi molto contenuti.

Audio

La blackmagic pocket4k possiede due microfoni stereo per la registrazione di audio ambientale, che possono essere usati facendo attenzione a come uno tiene la camera, perchè sono posizionati esattamente ai lati della camera e quindi ogni “tocco” sulla camera produrrebbe dei suoni e disturbi di vario tipo, come accade su ogni camera con Microfono superficiale.

In aggiunta abbiamo due ingressi audio, un jack da 3.5 mm classico come molte dslr e un Mini XLR.

Il jack da 3.5mm è un ingresso sia mic che Line In, quindi a seconda che si mandi un audio amplificato o un microfono si avranno risultati differenti, si deve nel menù scegliere l’impostazione corretta o all’interno della camera la registrazione sarà bassissima come loudness. Un Mic In verrà amplificato, mentre un Line In si aspetta un audio già amplificato da un amplificatore esterno.

L’ingresso MiniXlr Bilanciato Stereo è la soluzione più professionale e utile nella registrazione interna dell’audio della camera.

Quando si parla o si cerca informazioni relative a questo connettore si possono trovare diverse sigle, quello che interessa ai possessori della Pocket4k è il TA3 (3 pin) con suffisso relativo alla tipologia F (female = femmina) M (male = maschio).

La camera dato che riceve il segnale possiede il connettore femmina e il cablaggio che andremo a collegare essendo la parte “hot” è il maschio, quindi dobbiamo avere un cablaggio che sia da un normale microfono a MiniXLR maschio per la camera; se invece usciamo da un altro dispositivo ricordiamo che il cablaggio in ingresso deve essere un MiniXlr maschio (per entrare nella camera che ha una femmina) e dall’altra parte ci sarà quel che ci sarà, da un semplice jack da 3.5, da 6.5 etc.

Personalmente acquisto molti cablaggi custom da un maker Inglese Cable me, ce ne sono tanti, mi sono trovato bene con lui.

  Un’altra cosa che spesso viene sottovalutata è la cinghia per portare al collo la camera nell’uso più “run & Gun”, e quella indicata dal link ha due vantaggi, il primo che è elastica e quindi attaccandola al collo può essere tirata per dare più stabilità durante un movimento camera libero, senza segarci il collo, il secondo è che ha lo sgancio rapido in modo che se poniamo la camera su gimbal o cavalletto possiamo sganciare facilmente la cinghia e non avere problemi di “intralcio” nelle operazioni.

ブラックマジックデザインPocket4K:あなたが始めるために必要なもの

オーストラリアの会社BlackMagicがこの素晴らしい新しい部屋を出荷し始めてから数ヶ月が経ちました。

これらの部屋とそれらが何であるかをよく知って、私はウェブ上を循環する恥ずかしい声の足元にジャンプし、それが何であるか、そしてこのDIGITAL CINEPRESAを使用するために必要なものについて2つの話をします。

一眼レフのような外観にもかかわらず、ミラーレスはバッファ電池とレンズマウントの種類を除いて共通点を持たないと仮定し、そうでなければカメラの価格でデジタルカメラであり、そうでなければこのカメラが行うすべては、動きの撮影の概念に似ています。したがって、それは考え、扱われ、管理されなければなりません。

シネプレサという概念を理解していない人は、何よりも悪魔のこの対象から遠く離れて神のために強打したくありません。

今、私たちは笑いを持っていたし、すでに以前の皮肉なポストで、私はこのマシンとんでもない価格で何を提供するか書いた、私はすでにUrsa Mini Proで行ったように、このカメラで撮影を開始する必要があるものを見つけましょう

私たちは、部屋との本質的な要素から始めます: ストレージ, 電力とレンズ.

ストレージ

カメラはCfast2とUHS-II SDの両方を使用して映画を録画しますが、もちろんサポートによっては2枚のカードに書き込み速度がありますが、SDカードは生で最高品質を記録することはできませんが、95mbからSDで作業する必要があるかどうかを把握する問題でもあります。ほとんどのビデオ制作のための例外的な品質を意味します。

ソリューション A :

あなたは、UHD Prores形式で連続して交互に登録するためのSDカードを購入しま
す。利点:安価で効果的なソリューションと私たちは書き込みとアンロードの両方のために、迅速に、多くのタブで動作することができます。
シンプルな95 mbtsは、Prores 4:2:2で最大4kの録音を可能にし、ほとんどのアプリケーションにとって素晴らしい品質です。デメリ
ット:彼らは書き込み速度制限を持っているので、あなたがサービスを提供する場合は、最大に部屋をプッシュすることはできません。

ソリューション B :

認定された CFast2 カードを購入して、最大解像度 4k の最大解像度の 4 k のフォーマットを含むすべての可能なフォーマットを最大フレーム数で登録できるようにします。

利点:完全に自由
の欠点:認定Cfast2と.. 同じの貧しい生活は、私の人生の中で何度か私はブランドのcfastを置き換えなければなりませんでした。

ソリューション C :

Usb-Cの外部SSDは、SDの代わりに見られるデバイスとしてカメラによって直接動力を与えられ、操作される。
Blackmagicは、多くの場合、あなたがフォーラムで読んだものから、パフォーマンスと互換性の問題のための500gbバージョンに1TBバージョンに好ましいものから、非常に小さく、コンパクトであるサム
スンT5を示唆しています。ssdの様々なコントローラメーカーに感謝し、コントローラが遅いためにマシンがオンになっているがデバイスをマウントしない場合があります、単純な解決策は、ディスクのホット接続、つまりマシンをオンにして、これはデバイスのマウントを強制します。
ファームウェア6.1の問題が修正された後、マウントは正しく行われます。
uapを備えたスターテックボ[fondamentale questo fattore]ックスの中には、古典的なSamsung Evo 860 500gbと1000 tbを置くこともでき、カメラの高速データレートをサポートし、50fpsの最大で未圧縮の生でも数分間の録画を可能にします(データフローを保持していませんが、今日は3:1と4:1で60fpsまで問題なく切り替えることを覚えておいてください)。

私たちは、マウントがマシンをオンにして行うことができることを非常に良い覚えていますが、データの損失や含まれるデータの相対的な損失によるディスク構造の損傷のために加熱されたカメラストレージデバイスを決してデタッチしないでください。これは、すべてのデバイスに適用され、ssd から sd に cf に適用されます。

ssdディスクを使用すると、かなりの電流が必要であり、電力フローが低下した場合、最も些細なリスクは、コンピュータでスロットルと呼ばれるものに入るため、パフォーマンスの低下、つまり現在のパフォーマンスを節約するため、一部のディスクでバッテリの容量が半分を超えると、パフォーマンスが低下する可能性があります。これは、カメラの障害ではなく、バッテリではなく、ssdディスクのファームウェアがどのように考えられているかによって行われます。

電源

ブラックマジックpocket4kは、生とプロレで記録するカメラなので、現在の非常に勇敢で、キヤノンEp-L6タイプの2000 mAhバッファバッテリーが付属しており、約30〜40分間記録できます。  これらのタイプの電池は非常に一般的であり、多くのカノンカメラ、LEDパネル、モニターなどで使用され、元のバージョンと「互換性のある」バージョンの両方に存在しますが、ジンバルまたは「軽い」状況を除いて直接使用するためのバッファー電池とみなす必要があります。

部屋は30Wの電源が付いており、平均消費量は22w(公式の指示によると)、外部電流入力は12と20Vの間の電圧を受け入れます。

解決策A:
撮影した映像の種類に応じて、2000mAh EP-L6電池の1セット以上を購入します。ブラックマジック自体は、低価格でこのタイプのバッテリーを提供しています。

 

内部バッテリープロ

  • 外部飛行ケーブルなし
  • ジンバルのバランスを崩すケーブルがない
  • ジンバルまたは手動使用でのフットプリントの減少
  • 使用のための超標準的な電池
  • 電流に差し込んで車の中で充電する

内部バッテリの短所

  • 使用ワットの時間短縮と高コストの削減
  • 交換のために多かれ少なかれ挑戦を分解する必要がある
  • 運ぶより多くの電池の重量
  • 複数のバッテリを同時に充電する時間が長い
  • 長い撮影なし

私の提案は、あなたがバッテリーを購入したい場合は、常に「オリジナル」を取る方が良いだろう、多くの中国のクローンよりも高価であるが、時間の経過とともに線形である同じブラックマジックやカノンのいずれかであり、電荷を維持し、長年にわたって持続する能力は、様々なクローンよりも優れているということです。

良いジェノヴァとして、私は70の代わりにバッテリー20ユーロを支払うが、30の使用後の最初の使用は使用できないが、数年後とトップアップの数百人の第二はまだ良い状態にあり、誰が最良の取引をしたのですか?

ソリューション B :

さまざまな種類の外部バッテリーを使用して、部屋に接続し、ここに問題が来ます. 奇妙なことに、Blackmagic Designは他の部屋以外のコネクタを選択し、「標準が低い」、すなわちweipu SF610 s2コネクタ、現在(2019年3月)、いくつかの中国のメーカーのみが利用できるコネクタ。
コネクタはコードSF610で識別され、(p/s)後の頭字語はP-evilとSメスに対して相対的であり、数(2)はコンタクトピン番号です。
給餌部分は女性なので、配線を構築または探したい場合は、チャンバーに男性があり、電流は女性から来ることを覚えておく必要があります。

すでにWeipuがDtapに作ったケーブルがあり、木製カメラなどの有名なアクセサリーメーカーによって作られています

 

Blackmagic Design自体によって作られた配線を含む様々な組み合わせがあり、異なるコネクタを使用するために、Pocket4kの説明ページの下部に見つけることができます

Weipuから古典的なパワージャックへのアダプタがあるので、既存の状況を外部バッテリからプレートなどに再利用できるため、製品の並列使用は既に行われた投資の恩恵を受けることができます。

 

ソリューション
C : 従来の NP-F970 6600mAh または 47.5 Wh のプレートを使用します。7.2vを分配するために生まれたこれらの電池は、ほぼ2時間(平均1時間と43分)を記録できる単一のバッテリーで、12v分配に変換するプレートと組み合わせることができます。カメラ、ゴーヤー、LEDパネルで使用されるこのタイプのセミユニバーサルバッテリーであり、1つ以上のプレートを使用すると、より多くの要素に電力を供給するために1種類のバッテリーのみを使用できるため、投資の柔軟性が高くなります。

ソリューショ
ンD:クラシックVmount / Gmount – 私たちにVMountとGmountの両方のバッテリーを取り付ける機能を提供するだけでなく、何よりも5、7、12v、USBで異なる出力に電力配分を追加し、単一のバッテリーで異なるアクセサリーに電力を供給することができるランパルテプレートのような現在のディストリビューターは、古典的な95wバッテリーは、記録寿命の3〜4時間からあなたを提供します。

解決策E(一部)
:内部バッテリを充電するだけの電源バンクでUsb-Cポートに入ります。説明したところから、このような手順は内部バッテリにのみ充電できるが、直接部屋に電力を供給し、管理するのに十分な電圧に達しない。

ソリュー
ションF:Blackmagic自体が設計され、2019年8月にバッテリーfnpソニーで2時間もの自律性を提供できるカメラのようなバッテリーグリップを設計し、配布します。

バッテリーグリッププロ

  • 外部飛行ケーブルなし
  • 使用のための超標準的な電池
  • それは簡単に追加し、削除します
  • 適切に実行&銃でカメラを保持するために表面を追加します

バッテリーグリップ短所

  • コレクションに追加する別のタイプのバッテリー
  • コレクションに追加する別の充電器
  • 部屋の重量を増やす
  • 部屋のサイズを増加し、ジンバルと使用すると、それをアンバランス

私は95w以上のバッテリーはほとんどの航空会社で受け入れられないので、空気の転送に従って購入しているかどうかを常にチェックされているバッテリーを選択する際には、vmountとgmountバッテリーが世界標準であることを考慮に入れて、非常に低価格で現場でサービスを提供する際に簡単にレンタルできます。

オーディオ

blackmagic pocket4kには、アンビエントオーディオを録音するための2つのステレオマイクがあり、部屋の側面に正確に配置されているため、カメラの各「タッチ」はSurface Microphoneを備えた各部屋で起こるように、さまざまな種類の音やノイズを生成するため、カメラの保持方法に注意を払って使用できます。

さらに、我々は2つのオーディオ入力、多くのデジタル一眼レフとミニXLRのような古典的な3.5mmジャックを持っています。

3.5mmジャックはマイクとライン入力の両方なので、増幅されたオーディオを送信するかマイクを送信するかによって異なる結果が得られるので、メニューで正しい設定を選択するか、部屋の中で録音がラウドネスとして非常に低くなります。マイクインは増幅されますが、Line Inは外部アンプによってすでに増幅されたオーディオを期待しています。

ステレオバランスMiniXlr入力は、部屋のオーディオの内部録音で最も専門的で有用なソリューションです。

このコネクタに関連する情報を話したり検索したりする場合は、いくつかの頭字語を見つけることができますが、pocket4kの所有者はF(女性 – 女性)M(男性)に対する接尾辞を持つTA3(3ピン)です。

信号を受信するので、カメラは女性のコネクタを所有しており、私たちが接続しようとしている配線は男性なので、通常の男性MiniXLRマイクからカメラへの配線が必要です。我々は別のデバイスから出る場合は、着信配線は男性のMiniXlr(女性を持つ部屋に入るために)でなければならないことを覚えておいてください、反対側には、3.5から、6.5などから、簡単なジャックから、そこにあるものがあります。

個人的に私は英語メーカーケーブル私から多くのカスタム配線を購入し、多くがあり、私は彼と楽しい時間を過ごしました。

  過小評価されることが多いもう一つのことは、最も「ラン&ガン」の使用で首の周りに部屋を持ち込むためのストラップであり、リンクによって示されたものには2つの利点があり、最初のものは弾力性があり、首に貼り付けるものは、首を見送ることなく、自由室の動きの間により安定を与えるために引っ張ることができるということです。操作における「妨害」の問題。

ブラックマジックデザインPocket4K:あなたが始めるために必要なもの

オーストラリアの会社BlackMagicがこの素晴らしい新しい部屋を出荷し始めてから数ヶ月が経ちました。

これらの部屋とそれらが何であるかをよく知って、私はウェブ上を循環する恥ずかしい声の足元にジャンプし、それが何であるか、そしてこのDIGITAL CINEPRESAを使用するために必要なものについて2つの話をします。

一眼レフのような外観にもかかわらず、ミラーレスはバッファ電池とレンズマウントの種類を除いて共通点を持たないと仮定し、そうでなければカメラの価格でデジタルカメラであり、そうでなければこのカメラが行うすべては、動きの撮影の概念に似ています。したがって、それは考え、扱われ、管理されなければなりません。

シネプレサという概念を理解していない人は、何よりも悪魔のこの対象から遠く離れて神のために強打したくありません。

今、私たちは笑いを持っていたし、すでに以前の皮肉なポストで、私はこのマシンとんでもない価格で何を提供するか書いた、私はすでにUrsa Mini Proで行ったように、このカメラで撮影を開始する必要があるものを見つけましょう

私たちは、部屋との本質的な要素から始めます: ストレージ, 電力とレンズ.

ストレージ

カメラはCfast2とUHS-II SDの両方を使用して映画を録画しますが、もちろんサポートによっては2枚のカードに書き込み速度がありますが、SDカードは生で最高品質を記録することはできませんが、95mbからSDで作業する必要があるかどうかを把握する問題でもあります。ほとんどのビデオ制作のための例外的な品質を意味します。

ソリューション A :

あなたは、UHD Prores形式で連続して交互に登録するためのSDカードを購入しま
す。利点:安価で効果的なソリューションと私たちは書き込みとアンロードの両方のために、迅速に、多くのタブで動作することができます。
シンプルな95 mbtsは、Prores 4:2:2で最大4kの録音を可能にし、ほとんどのアプリケーションにとって素晴らしい品質です。デメリ
ット:彼らは書き込み速度制限を持っているので、あなたがサービスを提供する場合は、最大に部屋をプッシュすることはできません。

ソリューション B :

認定された CFast2 カードを購入して、最大解像度 4k の最大解像度の 4 k のフォーマットを含むすべての可能なフォーマットを最大フレーム数で登録できるようにします。

利点:完全に自由
の欠点:認定Cfast2と.. 同じの貧しい生活は、私の人生の中で何度か私はブランドのcfastを置き換えなければなりませんでした。

ソリューション C :

Usb-Cの外部SSDは、SDの代わりに見られるデバイスとしてカメラによって直接動力を与えられ、操作される。
Blackmagicは、多くの場合、あなたがフォーラムで読んだものから、パフォーマンスと互換性の問題のための500gbバージョンに1TBバージョンに好ましいものから、非常に小さく、コンパクトであるサム
スンT5を示唆しています。ssdの様々なコントローラメーカーに感謝し、コントローラが遅いためにマシンがオンになっているがデバイスをマウントしない場合があります、単純な解決策は、ディスクのホット接続、つまりマシンをオンにして、これはデバイスのマウントを強制します。
ファームウェア6.1の問題が修正された後、マウントは正しく行われます。
uapを備えたスターテックボ[fondamentale questo fattore]ックスの中には、古典的なSamsung Evo 860 500gbと1000 tbを置くこともでき、カメラの高速データレートをサポートし、50fpsの最大で未圧縮の生でも数分間の録画を可能にします(データフローを保持していませんが、今日は3:1と4:1で60fpsまで問題なく切り替えることを覚えておいてください)。

私たちは、マウントがマシンをオンにして行うことができることを非常に良い覚えていますが、データの損失や含まれるデータの相対的な損失によるディスク構造の損傷のために加熱されたカメラストレージデバイスを決してデタッチしないでください。これは、すべてのデバイスに適用され、ssd から sd に cf に適用されます。

ssdディスクを使用すると、かなりの電流が必要であり、電力フローが低下した場合、最も些細なリスクは、コンピュータでスロットルと呼ばれるものに入るため、パフォーマンスの低下、つまり現在のパフォーマンスを節約するため、一部のディスクでバッテリの容量が半分を超えると、パフォーマンスが低下する可能性があります。これは、カメラの障害ではなく、バッテリではなく、ssdディスクのファームウェアがどのように考えられているかによって行われます。

電源

ブラックマジックpocket4kは、生とプロレで記録するカメラなので、現在の非常に勇敢で、キヤノンEp-L6タイプの2000 mAhバッファバッテリーが付属しており、約30〜40分間記録できます。  これらのタイプの電池は非常に一般的であり、多くのカノンカメラ、LEDパネル、モニターなどで使用され、元のバージョンと「互換性のある」バージョンの両方に存在しますが、ジンバルまたは「軽い」状況を除いて直接使用するためのバッファー電池とみなす必要があります。

部屋は30Wの電源が付いており、平均消費量は22w(公式の指示によると)、外部電流入力は12と20Vの間の電圧を受け入れます。

解決策A:
撮影した映像の種類に応じて、2000mAh EP-L6電池の1セット以上を購入します。ブラックマジック自体は、低価格でこのタイプのバッテリーを提供しています。

 

内部バッテリープロ

  • 外部飛行ケーブルなし
  • ジンバルのバランスを崩すケーブルがない
  • ジンバルまたは手動使用でのフットプリントの減少
  • 使用のための超標準的な電池
  • 電流に差し込んで車の中で充電する

内部バッテリの短所

  • 使用ワットの時間短縮と高コストの削減
  • 交換のために多かれ少なかれ挑戦を分解する必要がある
  • 運ぶより多くの電池の重量
  • 複数のバッテリを同時に充電する時間が長い
  • 長い撮影なし

私の提案は、あなたがバッテリーを購入したい場合は、常に「オリジナル」を取る方が良いだろう、多くの中国のクローンよりも高価であるが、時間の経過とともに線形である同じブラックマジックやカノンのいずれかであり、電荷を維持し、長年にわたって持続する能力は、様々なクローンよりも優れているということです。

良いジェノヴァとして、私は70の代わりにバッテリー20ユーロを支払うが、30の使用後の最初の使用は使用できないが、数年後とトップアップの数百人の第二はまだ良い状態にあり、誰が最良の取引をしたのですか?

ソリューション B :

さまざまな種類の外部バッテリーを使用して、部屋に接続し、ここに問題が来ます. 奇妙なことに、Blackmagic Designは他の部屋以外のコネクタを選択し、「標準が低い」、すなわちweipu SF610 s2コネクタ、現在(2019年3月)、いくつかの中国のメーカーのみが利用できるコネクタ。
コネクタはコードSF610で識別され、(p/s)後の頭字語はP-evilとSメスに対して相対的であり、数(2)はコンタクトピン番号です。
給餌部分は女性なので、配線を構築または探したい場合は、チャンバーに男性があり、電流は女性から来ることを覚えておく必要があります。

すでにWeipuがDtapに作ったケーブルがあり、木製カメラなどの有名なアクセサリーメーカーによって作られています

 

Blackmagic Design自体によって作られた配線を含む様々な組み合わせがあり、異なるコネクタを使用するために、Pocket4kの説明ページの下部に見つけることができます

Weipuから古典的なパワージャックへのアダプタがあるので、既存の状況を外部バッテリからプレートなどに再利用できるため、製品の並列使用は既に行われた投資の恩恵を受けることができます。

 

ソリューション
C : 従来の NP-F970 6600mAh または 47.5 Wh のプレートを使用します。7.2vを分配するために生まれたこれらの電池は、ほぼ2時間(平均1時間と43分)を記録できる単一のバッテリーで、12v分配に変換するプレートと組み合わせることができます。カメラ、ゴーヤー、LEDパネルで使用されるこのタイプのセミユニバーサルバッテリーであり、1つ以上のプレートを使用すると、より多くの要素に電力を供給するために1種類のバッテリーのみを使用できるため、投資の柔軟性が高くなります。

ソリューショ
ンD:クラシックVmount / Gmount – 私たちにVMountとGmountの両方のバッテリーを取り付ける機能を提供するだけでなく、何よりも5、7、12v、USBで異なる出力に電力配分を追加し、単一のバッテリーで異なるアクセサリーに電力を供給することができるランパルテプレートのような現在のディストリビューターは、古典的な95wバッテリーは、記録寿命の3〜4時間からあなたを提供します。

解決策E(一部)
:内部バッテリを充電するだけの電源バンクでUsb-Cポートに入ります。説明したところから、このような手順は内部バッテリにのみ充電できるが、直接部屋に電力を供給し、管理するのに十分な電圧に達しない。

ソリュー
ションF:Blackmagic自体が設計され、2019年8月にバッテリーfnpソニーで2時間もの自律性を提供できるカメラのようなバッテリーグリップを設計し、配布します。

バッテリーグリッププロ

  • 外部飛行ケーブルなし
  • 使用のための超標準的な電池
  • それは簡単に追加し、削除します
  • 適切に実行&銃でカメラを保持するために表面を追加します

バッテリーグリップ短所

  • コレクションに追加する別のタイプのバッテリー
  • コレクションに追加する別の充電器
  • 部屋の重量を増やす
  • 部屋のサイズを増加し、ジンバルと使用すると、それをアンバランス

私は95w以上のバッテリーはほとんどの航空会社で受け入れられないので、空気の転送に従って購入しているかどうかを常にチェックされているバッテリーを選択する際には、vmountとgmountバッテリーが世界標準であることを考慮に入れて、非常に低価格で現場でサービスを提供する際に簡単にレンタルできます。

オーディオ

blackmagic pocket4kには、アンビエントオーディオを録音するための2つのステレオマイクがあり、部屋の側面に正確に配置されているため、カメラの各「タッチ」はSurface Microphoneを備えた各部屋で起こるように、さまざまな種類の音やノイズを生成するため、カメラの保持方法に注意を払って使用できます。

さらに、我々は2つのオーディオ入力、多くのデジタル一眼レフとミニXLRのような古典的な3.5mmジャックを持っています。

3.5mmジャックはマイクとライン入力の両方なので、増幅されたオーディオを送信するかマイクを送信するかによって異なる結果が得られるので、メニューで正しい設定を選択するか、部屋の中で録音がラウドネスとして非常に低くなります。マイクインは増幅されますが、Line Inは外部アンプによってすでに増幅されたオーディオを期待しています。

ステレオバランスMiniXlr入力は、部屋のオーディオの内部録音で最も専門的で有用なソリューションです。

このコネクタに関連する情報を話したり検索したりする場合は、いくつかの頭字語を見つけることができますが、pocket4kの所有者はF(女性 – 女性)M(男性)に対する接尾辞を持つTA3(3ピン)です。

信号を受信するので、カメラは女性のコネクタを所有しており、私たちが接続しようとしている配線は男性なので、通常の男性MiniXLRマイクからカメラへの配線が必要です。我々は別のデバイスから出る場合は、着信配線は男性のMiniXlr(女性を持つ部屋に入るために)でなければならないことを覚えておいてください、反対側には、3.5から、6.5などから、簡単なジャックから、そこにあるものがあります。

個人的に私は英語メーカーケーブル私から多くのカスタム配線を購入し、多くがあり、私は彼と楽しい時間を過ごしました。

  過小評価されることが多いもう一つのことは、最も「ラン&」で部屋を首に持って来るためのストラップです。「銃」の使用、およびリンクによって示されたものは、弾性であり、首にそれを貼り付ける最初のものは、首を見ることなく、自由な部屋の動きの間により安定を与えるために引っ張ることができる、我々はジンバルやイーゼルに部屋を置く場合、簡単にジンバルやイーゼルを外すことができるように、それはクイックリリースを持っているということです操作における「妨害」の問題。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

error: Content is protected !!